GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内男子フジサンケイクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

首位に渡辺司・久保谷健一・尾崎健夫が並んだ

順位 選手名 通算 合計
1 尾崎健夫 -5 208
1 渡辺司 -5 208
1 久保谷健一 -5 208
4 鈴木亨 -3 210
4 葉彰廷 -3 210
4 東聡 -3 210
7 水巻善典 -2 211
7 細川和彦 -2 211
7 佐藤信人 -2 211
10 リン・コンキ -1 212

スコア詳細を見る

フジサンケイ3日目、渡辺司は68、久保谷健一はパープレー、尾崎健夫が69として4位の鈴木亨東聡・葉彰廷の3人に2打差をつけて首位タイとした。2アンダー7位には佐藤信人水巻善典細川和彦。前日2位からスタートの飯合肇は3つ落として10位タイに後退した。

「今日はリズムがつかめなかった。これで耐えられたのはブスッとせずに楽しくできたからだと思う」とは久保谷健一。1バーディ、1ボギーのパープレー。前半の7番(ボギー)以外は「ほとんど良いショットで納得しています」

5バーディ、3ボギーの尾崎健夫は「途中までが最高だったんだけど・・・」 12・13番のバーディまで明日を見据えたプレーが出来ていた。しかし「15番ホールで消えた。途中まで信頼していたパッティングが最後の5ホールで蹴られたよ。トップにいるのに気持ちが暗い。今日中にけじめをつけて、明日は悪い流れに引きずられないようにしたい」

最終組での優勝争いは昨年のミズノオープン以来の渡辺司。「人が嫌がる距離のパット(2~3メートル)を入れてここまで来た。攻めてバーディを狙えばダボが出る。明日もパターでしのぐ “つまらないゴルフ”を目指します」 スコアを崩さないゴルフに徹するマイペースな作戦で行く。


特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?