GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内男子アジアパシフィックオープンゴルフ選手権 キリンオープンの最新ゴルフニュースをお届け

片山晋呉、優勝宣言を実現

順位 選手名 通算 合計
1 片山晋呉 -4 280
2 A.ストルツ -2 282
2 リン・コンキ -2 282
2 P.シニア -2 282
5 伊澤利光 -1 283
5 佐藤信人 -1 283
5 東聡 -1 283
8 佐々木久行 0 284
9 小達敏昭 +2 286
9 友利勝良 +2 286

スコア詳細を見る

1時過ぎから雷雨接近のため約1時間20分のプレー中断。ようやく再開したものの夕刻になってからもまたまた30分の中断があり、なかなかに忙しい最終日だった。

こんなコンディションではスコアを大幅に伸ばすのは難しい。結果的にガマン較べのような展開になったが、前日「茨木弁で優勝スピーチをしたい」と宣言していた地元片山晋呉が9番で首位に並び、13番で長いバーディパットを決めてリード。そのまま逃げきって勝利を飾った。首位でスタートした佐々木久行は前半でスコアを崩して後退、また可能性のあったピーター・シニアは11番のダブルホギーで勝機を逸し、片山にプレッシャーを与える最後のチャンス18番でもバーディを奪えなかった。

「今年はゴルフが楽しい。体調もいいし、思ったようなゴルフができている」という片山晋呉。「今週のキリン、来週の中日クラウンズをターゲット」と明言していたが、その調整方法が間違っていないことを立証できた。

丸山、横尾などと比べて自分はプロとして何を個性にしようか考えた末、「ひげがすごくきれいに生える」のでこれを売り物にしていこうと計画しているとか。ただし新婚の奥さんは大反対しているらしい。これで98年のサンコーグランドサマー、99年JCBクラシック仙台に続くツアー3勝目。


特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?