GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内男子つるやオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

連続優勝狙い? 田中秀道が抜け出した

順位 選手名 通算 合計
1 田中秀道 -8 136
2 鈴木亨 -7 137
3 R.バックウェル -6 138
3 桑原克典 -6 138
3 F.ミノザ -6 138
6 渡辺司 -5 139
6 伊澤利光 -5 139
6 河村雅之 -5 139
6 海山貴士 -5 139
6 手嶋多一 -5 139

スコア詳細を見る

大会2日目。前日5位の団子グループから抜け出しのは、先の静岡オープンで今季1勝の田中秀道。ボギーなしの5バーディ。後に続くのは7アンダー鈴木亨。3位には1イーグル、7バーディ、2ボギーで6アンダーまで伸ばしてきたR.バックウェル桑原克典ら。なんと今日だけで10バーディを放り込んだ渡辺司(32・31)は前日4オーバー100位から一気に6位タイまで浮上してきた。

アウトからスタートした田中秀道は昨日同様に出だしホールをバーディとし、いい滑り出し。後半はなかなか来ない、我慢のゴルフだったが「あまりイライラしないようにしていました。そんな中1つでも取れれば明日につながるなと思ってのプレーだったんです」 我慢の末、上がりホールでバーディをキチンと沈めた。

「内容的にはショットが好調」とは鈴木亨。このオフの間にしたダイエット(-4キロ)のおかげでハングリーさが出てきたとか。「明日からは普通にやればそれなりの結果がついてくるはず」

「予選落ちのピンチからここまでこれたのは、スコアよりも自分自身のゴルフを取り戻すために一生懸命やったおまけ。明日は(1Rと2Rのスコア)どっちの自分がでるのかな」 特に悪かったアイアンを昨日は3~4時間練習したという。これで渡辺 司は予選通過の上、コースレコードを更新した。

首位スタートの金鍾徳は後半1番から3番までを3連続ボギーとしバーディが追いつかず15位まで後退した。1つ伸ばすにとどめた近藤智弘も同位に後退。「パターで詰まってしまった。打ち損じているわけじゃないんですけど、読み切れていない・・・」

インスタートの矢野東は3バーディ取ったものの、前半の3ダブルボギーで大きく崩し3ボギーをプラスしてトータル6オーバーで予選通過ならず。


特集SPECIAL

ネスレインビテーショナル 日本プロゴルフマッチプレー選手権 レクサス杯が、8月17日(木)恵庭CC(北海道)で開催。大会期間中は、試合・練習の模様をインターネットで生中継!賞金1億円は誰の手に!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?