GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内男子ダイドードリンコ静岡オープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

片山がっくり。4週連続優勝の夢破れ、昨年8月以来の予選落ち。

2001/03/16 18:00

順位 選手名 通算 合計
1 近藤共弘 -9 135
2 溝口英二 -8 136
3 渡辺司 -7 137
3 友利勝良 -7 137
5 細川和彦 -6 138
5 中田範彦 -6 138
5 S.コンラン -6 138
5 田中秀道 -6 138
9 鈴木亨 -5 139
9 D.ウィルソン -5 139

スコア詳細を見る

静岡カントリー浜岡コースで行われている、ダイドードリンコ静岡オープン2日目。4アンダーで首位タイでスタートした近藤智弘がスコアを9アンダーまで伸ばし単独首位に立った。予選2日間は静岡カントリー特有の強風は訪れてはいない。

プロ入り2年目の近藤は初日4アンダー、そして2日目が5アンダーすべてバーディでボギーなしの完璧なラウンドを続けている。持ち前のシャープなスイングに安定感が加わり、このまま初優勝となるだろうか。

1打差2位には近藤と同じくトップスタートの溝口英二。さらに1打差の7アンダー3位には渡辺司友利勝良のベテラン2が並ぶ。
ディフェンディングチャンピオンの田中秀道は6アンダーの5位タイグループといい位置につけている。同じく5位グループでは細川和彦も久しぶりの優勝を狙う。

そして、今大会最大の注目だった片山晋呉の4連勝だったが、予選ラウンドでその夢は絶たれた。初日1オーバー59位と出遅れた片山は、スコアを伸ばすどころか通算3オーバーで予選落ちとなった。


特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?