GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内男子 日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯の最新ゴルフニュースをお届け

J.チョイらが首位、藤田らが1差で追う! 石川は37位タイ

順位 選手名 通算 合計
1 J.チョイ -5 66
1 金亨成 -5 66
3 宮瀬博文 -4 67
3 J.B.パク -4 67
3 松村道央 -4 67
3 藤田寛之 -4 67
3 盧承烈 -4 67
8 兼本貴司 -3 68
8 丸山大輔 -3 68
8 金庚泰 -3 68

スコア詳細を見る

2011年 日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯 初日 J.チョイ
乱視矯正のため「中日クラウンズ」から新しいサングラスをかけてプレーするJ.チョイ【拡大写真】

今季の国内男子メジャー初戦「日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯」が5月12日(木)、兵庫県の小野東洋ゴルフ倶楽部で開幕した。雨に祟られた初日、J.チョイ(米国)とキム・ヒョンソン(韓国)が5アンダーで首位に並び、混戦を一歩抜け出している。

4アンダーの3位タイに、J.B.パクノ・スンヨル(ともに韓国)、藤田寛之松村道央宮瀬博文の5人。3アンダーの8位タイに、キム・キョンテS.K.ホ(ともに韓国)、兼本貴司丸山大輔すし石垣が続く。ホストプロの池田勇太は1アンダーの21位タイ。今大会4度目の出場で初の予選突破を狙う石川遼は、前半からパットに苦しみ伸び悩む展開が続く。1バーディ、1ボギーの「71」とし、大会連覇がかかる谷口徹と並び、イーブンパーの37位タイで初日を終えている。

<チョイは突発性の、じんましんに苦しみながらもトップタイ>

7バーディ、2ボギーの「66」をマークしたチョイは思わぬ“難敵”に悩まされた。最初のバーディを奪った出だしの2番。体が突然かゆくなる異変を感じた。両腕を中心に、じんましんができ、4番で急遽、医師を呼ぶアクシデント。原因が分からず、そのまま治療を施さずにプレーを続行した。それでも「かゆくない!と“無視”しました」と必死でこらえて迎えた後半イン、10番で第2打をピンそば30センチにつけたのをきっかけに、次々とショットをピンに絡め、5つスコアを伸ばした。ラウンド後は、じんましんも治まり、とりあえずは一安心。「死ぬわけじゃない。プラス思考でやりました」と強心臓ぶりが光った。

2011年 日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯 初日 宮瀬博文
好スタートを切った宮瀬博文は「今年はとりあえず1勝。それがメジャーだったらもちろんいい」【拡大写真】

<初のメジャー優勝を狙う宮瀬が1打差3位タイ>

出だしの10番。第2打を2メートルにつけてバーディ発進を切った宮瀬は、午前中に降り続いた雨も気にせず、淡々とスコアを伸ばした。「ティショットが良かった」と終始安定したプレーを見せ、後半1番では残り120ヤードの第2打を52度のウェッジで直接沈めてイーグルを奪った。通算7勝を挙げている40歳も、その中に日本タイトルは無い。「もちろん頭の中にはある。でも意識してもいいことは無い。考えないようにしている」と平常心で残り3日間を戦えるか。

2011年 日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯 初日 石川遼
苦しみながらも石川遼はイーブンパー。実力が底上げされていることを証明した【拡大写真】

<石川遼は首位と5打差、37位タイ>

正午過ぎからのスタートとなった石川は、序盤からスコアカードにパーを並べた。ショット、パットともに精度を欠き、なかなかチャンスを作れない。前半最後の18番ではフェアウェイからの第2打をミスすると、警戒していた軟らかい仕上がりのバンカーに入れ、ボールが埋まってしまう。結局このホールをボギーとし、後半2番でバーディを取り返すが、初日はイーブンパーでフィニッシュ。「わざわざ見に来て下さった方に申し訳ない」と悔しい表情を浮かべながら「トップとは思った以上に差がついていない。なんとかついていく」と巻き返しを誓った。


特集SPECIAL

ネスレインビテーショナル 日本プロゴルフマッチプレー選手権 レクサス杯が、8月17日(木)恵庭CC(北海道)で開催。大会期間中は、試合・練習の模様をインターネットで生中継!賞金1億円は誰の手に!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?