GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内男子中日クラウンズの最新ゴルフニュースをお届け

岩田が首位浮上、池田が2差に迫る! 遼は24位に後退

順位 選手名 通算 合計
1 岩田寛 -9 131
2 B.ジョーンズ -7 133
2 池田勇太 -7 133
4 桑原克典 -5 135
4 金聖潤 -5 135
6 薗田峻輔 -4 136
6 S.J.パク -4 136
8 高山忠洋 -3 137
8 原口鉄也 -3 137
8 河野晃一郎 -3 137

スコア詳細を見る

2011年 中日クラウンズ 2日目 岩田寛
被災地への想いを胸にしまい、単独首位に浮上した岩田寛【拡大写真】

愛知県にある名古屋ゴルフ倶楽部和合コースで開催されている、国内男子ツアー第3戦「中日クラウンズ」の2日目。3位タイからスタートした岩田寛が1イーグル、4バーディ、ノーボギーの「64」をマーク。通算9アンダーの単独首位に浮上して決勝ラウンドを迎える。

通算7アンダーの2位タイには、6バーディ、1ボギーにまとめた池田勇太が急浮上。ブレンダン・ジョーンズ(オーストラリア)と並び、首位に2打差に迫った。首位スタートの朴星俊(韓国)、2位スタートの薗田峻輔は通算4アンダーの6位タイに後退。尾崎将司は通算2アンダーの11位タイ。石川遼は2ストローク落とし、近藤共弘らと並び通算イーブンパーの24位タイに後退した。

<ノーボギーのラウンドで首位浮上の岩田寛>

「今日、ノーボギーっていうのに最後に気付きました」と岩田はさらり。初日に引き続きショットに手応えを感じているという岩田が、2番パー5で12mのロングパットを沈めてイーグルを奪うなど、6つスコアを伸ばして通算9アンダーの単独首位に浮上。「明日、明後日は違うプレッシャーが掛かると思うけど、今のショットのレベルでどれくらい打てるのか楽しみです」と、ツアー初勝利へ向け意欲を見せた。

2011年 中日クラウンズ 2日目  池田勇太
8番ではチップインバーディに両手を挙げて万歳!ラウンド中は笑顔が多かったが、いざ会見になるとどうしても不満が顔に現れる【拡大写真】

<勇太は「悪いなりに」、BJは余力を残して2位に並ぶ>

この日5アンダーの池田と、4アンダーのブレンダン・ジョーンズが共に通算7アンダーとして2位タイに並んでいる。しかし、二人のゴルフの内容は対照的。「悪いなりに良くやっている」とショットに不安を抱える池田は、8番でグリーン奥の谷からのアプローチが直接入ったり、15番で12mの長いバーディパットが決まるなど、運も味方につけて好位置をキープ。

一方、前半4バーディを奪ったブレンダンは、「これが3日目、4日目だったらピンを狙っていくけど、今はチャンスのある位置にいることが大事。だから、後半はピンを狙わずセーフティに行った」と余力を残し、前半と同じくノーボギーで2日目を終えた。

2011年 中日クラウンズ 2日目  ブレンダン・ジョーンズ
全身真っ赤なブレンダン・ジョーンズ。しかし、実に冷静なプレーで2位タイへ浮上!【拡大写真】

<石川遼はスコアを落とす>

昨年優勝の石川は、2日目はスコアを落として通算イーブンパーの24位タイへと一歩後退。初日3位タイと好スタートを切った尾崎将司は、後半スコアを落としたものの通算2アンダーで11位タイとして、堂々の予選通過を果たしている。


特集SPECIAL

ネスレインビテーショナル 日本プロゴルフマッチプレー選手権 レクサス杯が、8月17日(木)恵庭CC(北海道)で開催。大会期間中は、試合・練習の模様をインターネットで生中継!賞金1億円は誰の手に!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?