GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内男子 中日クラウンズの最新ゴルフニュースをお届け

世界最少「58」をマークした和合で、石川遼が連覇に挑む!

2011年 中日クラウンズ 事前情報 石川遼
昨年の最終日は、石川遼が世界最少ストローク「58」を記録! ゴルフ史に残る逆転劇を演じた【拡大写真】

国内男子ツアー第3戦「中日クラウンズ」が、4月28日(木)から5月1日(日)までの4日間、愛知県にある名古屋ゴルフ倶楽部和合コースで開催される。51回目を迎えた昨年大会は、世界新記録の誕生というゴルフ史に新たなページを刻む1戦となった。

最終日、首位を6打差で追う石川遼が序盤から猛チャージ。次々とバーディを奪い、その勢いは衰えることなく18ホールで12個のバーディを重ねる。世界最少ストロークとなる「58」をマークし、終わってみれば後続に5打差をつける逆転勝利。歴史的快挙を成し遂げ、和合での初タイトルに花を添えた。

石川は、大会連覇をかけて今年も和合に戻ってくる。再び、詰めかける大ギャラリーを歓喜の渦に巻き込むことができるか期待が高まる。08年のタイトルホルダーである地元・愛知出身の近藤共弘も、先週の「つるやオープン」で3年ぶりのタイトルを手にするなど調子は上々。まずは、2人の歴代チャンピオンに大きな注目が集まりそうだ。

さらに池田勇太藤田寛之松村道央丸山茂樹片山晋呉ら優勝候補たちに加え、青木功尾崎将司中嶋常幸の“AON”も揃って参戦。今年は、和合でどのようなドラマが生まれるのか。期待に胸膨らむ1戦が、間もなく幕を開ける。

【主な出場予定選手】
石川遼青木功池田勇太尾崎将司小田孔明小田龍一近藤共弘薗田峻輔高山忠洋谷口徹中嶋常幸藤田寛之星野英正松村道央丸山茂樹宮里優作宮本勝昌矢野東伊藤誠道(アマ)


特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?