GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

欧州男子 オメガドバイデザートクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

世界のトップ3を押さえ、R.マキロイが首位発進!!

順位 選手名 通算 合計
1 R.マキロイ -7 65
2 S.ガルシア -5 67
2 T.アイケン -5 67
4 J-B.ゴネット -4 68
4 D.ウィレット -4 68
4 S.ウェブスター -4 68
4 ビクトル・デュビッソン -4 68
4 R.スターン -4 68
4 P.M.ベナビデス -4 68
10 T.ハミルトン -3 69

スコア詳細を見る

2011年 オメガドバイデザートクラシック 初日 ロリー・マキロイ
「65」をマークしたR.マキロイが単独首位発進!(Andrew Redington/Getty Images)【拡大写真】

欧州男子ツアー第8戦「オメガドバイデザートクラシック」が、UAEのドバイにあるエミレーツGCで開幕。ワールドランキングで3位に後退しているタイガー・ウッズも出場し、リー・ウェストウッド(イングランド)、マーティン・カイマー(ドイツ)との同組対決で話題を呼んだが、この日の主役は若き欧州ツアーのエース、ロリー・マキロイ(北アイルランド)だった。

7時50分に10番からスタートしたマキロイは、13番、15番でバーディを奪うと、17番から折り返し後の3番まで5連続バーディを奪取。その後はスコアを伸ばすことができなかったが、2位に2打差の7アンダーで単独首位に立った。

5アンダー2位タイにスペインのセルヒオ・ガルシアが、南アフリカのトーマス・エイケンと並んでいる。さらに1打差の4アンダー4位タイには、南アフリカのリチャード・スターンなど6人。

そして、3アンダーの10位タイに、世界ナンバー1のウェストウッド、ナンバー2のカイマーなど9人が集団を形成している。この2人とラウンドしたタイガーは、スタートの1番でボギーを叩くと、4番でもボギーを叩く苦しいスタート。

前半を2オーバーで終えると、10番、11番で連続バーディを奪うが、続く12番はダブルボギーと波に乗れなかった。しかし、最終18番で起死回生のイーグルを奪取し、なんとかアンダーパーグループの1アンダー27位タイで初日を終えている。


特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。