GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ目指せ賞金女王奪還!

ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ 【国内女子】

期間:2011/05/05~2011/05/08  場所: 茨城GC西コース(茨城)


取り戻したショットの感覚、横峯「66」で5位へ浮上!

2011/05/07 16:31:53

2011年 ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ 3日目 横峯さくら
前日までとは別人のように、安定したショットで6バーディを奪って5位タイに浮上した横峯さくら【拡大写真】

なんとか決勝ラウンドへ駒を進めたものの、横峯さくらにとってはショットへの不安が残る苦しい予選2日間だった。それはこの日の朝を迎えても同じ。「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」3日目、朝の練習場で横峯は試行錯誤を繰り返していた。

その時ふとひらめいたのは、スタンスを広めにしてみるというアイデア。スタンスが狭いと「右肩が落ちやすいし、左にスライドさせにくいかなと」と、“自分の感覚”という僅かな修正を施すと、「あ、これだ」と久しぶりの感触を取り戻したという。

コースに出てもショットの良い手応えは変わらない。前半2つ、後半4つの計6バーディを奪ってボギーは無し。「久しぶりに自分のプレーというか、しっかりパーオンして5~6mのパットが残るというゴルフが出来て、ピンチは2m位のパーパットが1回あったくらいです」と、完璧なショットのフィーリングに表情も緩んだ。

この日6つスコアを伸ばした横峯は、首位と5打差の5位タイで最終日を迎える。「ショットに自信を持って打てるようになったのは大きいです」という横峯。「優勝には届かなくても、明日も良いプレーが出来たらいいと思います。ショットの不安がないことがすごく嬉しいです」と、ようやく取り戻した手応えと共に、前向きに最終日へ挑む。

関連リンク


特集SPECIAL

女子プロはみんなやっている! 高性能スイングセンサー『フルミエル』で分析!一般男性の飛距離を上回る女子プロたち。『フルミエル』を使い、いま最も勢いのある13人のスイングを徹底解剖。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには川岸史果プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。