GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

心をひとつに 西陣レディスクラシック目指せ賞金女王奪還!

心をひとつに 西陣レディスクラシック ~東北地方太平洋沖地震 復興支援チャリティ~ 【国内女子】

期間:2011/04/15~2011/04/17  場所: 熊本空港CC(熊本)


さくら「自分のプレーが出来るようになってきた」

2011/04/16 18:36:30

2011年 心をひとつに 西陣レディスクラシック ~東日本大震災 復興支援チャリティ~ 2日目 横峯さくら
この日は穏やかな表情のまま18ホールのプレーを終えた横峯さくら【拡大写真】

最終18番ホール、昨日とは逆のアゲインストの風が吹いた「西陣レディスクラシック」2日目。横峯さくらのティショットはグリーンエッジまで226ヤード。「もうちょっと行ってたら(2オンを)狙いたかったけど・・・」という横峯だが、ここはレイアップを選択。3打目でピン右2mにつけてきっちりとバーディを奪い、この日「69」とスコアを伸ばし、通算イーブンパーの12位タイへと浮上を果たした。

出遅れてしまった初日、母・絹子さんはその結果をある程度予測していた。スタート前に関係者に「今日は大丈夫」と言っていたことを伝え聞き、「そういう時は大体空回りする」。トーナメント休止期間の準備が万全だっただけに、自分への期待と共に余計な力が入ってしまったのではと分析した。

「今日は自分のプレーが出来るようになってきた」と2日目を終えた横峯は振り返る。修正したのは、「姿勢とかテークバックの引き方とか、ひとつじゃない」というものの、後半は3バーディノーボギーといつもの安定感も取り戻した。

「終わってみて5打差だったら届かない距離でもない。まずはしっかり自分のプレーをすることですね」と、最終日に向けて諦めずに頂上を目指す。


特集SPECIAL

女子プロはみんなやっている! 高性能スイングセンサー『フルミエル』で分析!一般男性の飛距離を上回る女子プロたち。『フルミエル』を使い、いま最も勢いのある13人のスイングを徹底解剖。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには川岸史果プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。