GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

中日クラウンズマスターズ制覇の大志を抱く石川遼に迫る!

石川遼

中日クラウンズ 【国内男子】

期間:2011/04/28~2011/05/01  場所: 名古屋ゴルフ倶楽部 和合コース(愛知)


「去年までとは違う」遼、巻き返して首位と3打差

2011/04/28 15:28:07

2011年 中日クラウンズ 初日 石川遼
17番でバーディを奪い、ガッツポーズを見せる石川遼。ダボにもめげず、首位と3打差の好発進!【拡大写真】

国内男子ツアー第3戦「中日クラウンズ」の初日。1、2番と連続バーディ発進を決めた石川遼だったが、3番で第2打をグリーン奥に外すと、「砲台(グリーン)でエッジが近くて、100%ロブじゃないと寄らない」という状況に見舞われる。芝の薄いライにも関わらず果敢にこのショットに挑んだが、「思い切りが足りなかった」と、グリーンまで届かない。続く4打目のアプローチも「練習して来たのに残念だなという気持ちで打ってしまった」と切り替えきれずにちゃっくりしてしまい、ダブルボギーを叩いてしまう。

6番ではバーディチャンスから3パット、続く7番パー3ではティショットが目玉となり連続ボギー。ギャラリーの期待とは裏腹に、前半を2オーバーで折り返した。

しかし、ここからが見せ場だった。「去年までとは違うという自分自身を見せたかった」と石川。10番のバーディをきっかけに、13番、15番と着実にバーディを取り返す。打ち下ろしで左ドッグレッグの16番パー4では1オンを狙った球が隣の12番ホールのサブグリーン付近まで行ってしまうが、そこから踏みとどまってパーセーブ。続く17番では10m以上ある長いバーディパットをカップの真ん中から沈めて力強いガッツポーズを見せた。

石川の自信を裏打ちしていたのは、この日のスイングの完成度。「ヘッドの軌道が今シーズンで一番良かった。マスターズより良いと思うくらいの状態でした」と石川は言う。前半2オーバーとなっても、「今の自分だったら取り戻せるんじゃないかという気持ちはあった」と、気持ちが揺らぐことは無かった。

ホールアウト後はパッティンググリーンでこの日使ったL字パターと交互にセンターシャフトのマレット型を使い、アドレスチェックを行った。「センターシャフトのマレット型の方が真っ直ぐを合わせやすいので、(キャディの)加藤君や父に見て貰って真っ直ぐ構えられているか確認しました」と石川。「そんなに変わらなかったけど、しいて言えば全体的に少し左に向くかなと。1mの距離でいったら3~4ミリ」。ショット、パットともに精度は上がって来ており、その調整も微細なレベルで行われている。

関連リンク


特集SPECIAL

ネスレインビテーショナル 日本プロゴルフマッチプレー選手権 レクサス杯が、8月17日(木)恵庭CC(北海道)で開催。大会期間中は、試合・練習の模様をインターネットで生中継!賞金1億円は誰の手に!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?