GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

東建ホームメイトカップマスターズ制覇の大志を抱く石川遼に迫る!

石川遼

東建ホームメイトカップ 【国内男子】

期間:2011/04/14~2011/04/17  場所: 東建多度カントリークラブ・名古屋(三重)


単独3位の石川遼「ノルマは達成です!」

2011/04/17 17:25:57

2011年 東建ホームメイトカップ 最終日 石川遼
前半に4回もドロップした石川遼だが、終盤に見せ場を作った【拡大写真】

国内男子ツアー2011年の開幕戦「東建ホームメイトカップ」の最終日。首位と1打差の通算6アンダー単独2位でスタートした石川遼は、序盤に3連続ボギーを叩くなど苦しい展開となった。しかし、終盤の17番、18番と上がり2ホールを連続バーディで締めくくり、通算5アンダー単独3位で4日間の戦いを終えた。

スタートの1番でティショットを左サイドのラフに入れた石川は、続く2番のティショットを右サイドの池に入れてしまう。このホールでボギーを先行した石川は、続く3番パー3でグリーン手前からのアプローチを1mに寄せたが、パーパットを外してボギー。さらに4番パー5では再びティショットを右サイドに曲げて池へ。3連続ボギーを叩き、この時点で首位の高山忠洋と6打差となる。

5番ではグリーン奥に切られたピンに対し果敢に攻めてバーディを奪うが、7番でティショットを左に曲げてカート道の溝に入れ、8番でもフェアウェイを突き抜けて右サイドの溝に入れてしまう。前半だけで4回もドロップをするほどティショットが荒れてしまった。

しかし、中盤以降は耐えるゴルフでスコアを崩さず、終盤の17番パー5でバーディを奪った石川は「これで3つ、18番で獲ればバーディ4つ目」と考えながら最終18番パー4を迎えた。2オンはできなかったが、ピンまで20ヤードのアプローチを残し「絶対に入れたかった」という3打目はグリーンに落ちてから10ヤード転がり、カップに吸い込まれた。その瞬間右手を上げてジャンプ、さらに両手を上げて再び飛び上がった。

「前半バタついてしまいましたが、なんとか3位に入ることができました。バーディがなかなか奪えませんでしたが、18番で狙って決められたのは嬉しいです」。今大会、毎日バーディ4つ以上というノルマを自身に与え、初日から最終日まで見事に4つのバーディを奪うことになった。石川は今季の賞金全額とバーディ1つに対して10万円を義援金として東日本大震災復興支援を行う。開幕戦では賞金884万円とバーディ分160万円を合わせて1,044万円を寄付することになる。

関連リンク


特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?