GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

東建ホームメイトカップマスターズ制覇の大志を抱く石川遼に迫る!

石川遼

東建ホームメイトカップ 【国内男子】

期間:2011/04/14~2011/04/17  場所: 東建多度カントリークラブ・名古屋(三重)


単独2位の石川遼「今日は狙い通りの展開です」

2011/04/16 19:17:08

2011年 東建ホームメイトカップ 3日目 石川遼
首位と1打差単独2位に浮上し開幕戦優勝を狙う石川遼【拡大写真】

今季の海外メジャー初戦「マスターズ」を終えて日本に戻った石川遼は「開幕戦から優勝を狙います」と話していたが、現実に狙える位置を自らの力で引き寄せた。国内男子ツアーの2011年開幕戦「東建ホームメイトカップ」の3日目、通算4アンダー10位タイでスタートした石川は、4バーディ、2ボギーとスコアを2つ伸ばし、首位と1打差の通算6アンダー単独2に浮上してきた。

前日、「大会3日目はスコアが大きく動く日なので、優勝争いが出来る位置まで順位を上げたい」と話していた石川。スコアの上では2つしか伸ばせていないが、この日のコンディションで2アンダーは「満足です」と石川も言うように、多くの選手が強風に苦しめられ、アンダーパーでラウンドしたのは石川を含めて4人だけだった。

予選2日間は、このコースとしては異例の微風状態で、7番では初日がピッチングサンド、2日目は9番アイアンで2打目を放ったが、この日は4番アイアンを手にするほど、その距離は100ヤードも違う番手を握らされる状況。「7番のアゲインストを考えると、今日1日どうなっちゃうんだろうと思いました」という石川。

しかし、2打目でグリーンを外してもアプローチでピン2mに寄せてパーセーブ。直前の6番パー3でボギーを叩いていただけに、悪い流れを断ち切るナイスパーとなった。「今日のポイントは7番のパーセーブ。それと、パー5でバーディを奪えたことと、後半にボギーを叩かなかったことです」と、会心のラウンドを振り返った。

同じ組でラウンドした高山忠洋が、石川の目の前で3連続、さらに4連続バーディを奪う中「他の選手が出来るなら、自分にも出来るはず。優勝争いに加わるには、最低4つはバーディを奪いたい」と、自分に檄を入れ17番パー5でこの日4つ目のバーディを奪い、目標を達成した。

スコアを大きく伸ばす目標は、この日のコンディションで無理だと判断した石川は、最低4つのバーディと順位を上げるという狙いを果たした。首位と1打差で最終日に逆転優勝を狙える位置につけ「狙い通りの展開です」と満足気に話す石川。最終日は「もう一度気持ちを切り替えて、自分のゴルフに100%集中して、100%信じてできるかです」と、この日の展開に満足して浮き足立つことなく挑むつもりだ。

関連リンク


特集SPECIAL

ネスレインビテーショナル 日本プロゴルフマッチプレー選手権 レクサス杯が、8月17日(木)恵庭CC(北海道)で開催。大会期間中は、試合・練習の模様をインターネットで生中継!賞金1億円は誰の手に!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?