GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

東建ホームメイトカップマスターズ制覇の大志を抱く石川遼に迫る!

石川遼

東建ホームメイトカップ 【国内男子】

期間:2011/04/14~2011/04/17  場所: 東建多度カントリークラブ・名古屋(三重)


10位タイの遼「戦う準備は出来た!」

2011/04/15 19:12:48

2011年 東建ホームメイトカップ 2日目 石川遼
後半の3番でショットに自身を取り戻した石川は、リズム良くショットの精度も上げてきた【拡大写真】

国内男子ツアー2011年の開幕戦「東建ホームメイトカップ」に出場している石川遼。初日は1アンダー34位とおとなしいゴルフだったが、2日目は後半に3バーディを奪い通算4アンダーの10位タイに浮上。昨年は予選落ちになった開幕戦で、決勝ラウンド進出を決めた。

前日のラウンド後に「長い渡米生活と長距離の移動で疲れはある」と話していた石川は、この日の前半もピリッとしないゴルフが続いた。ピンを攻めたい気持ちはあっても、体がついてこない。石川がスタートするときには予選通過のカットラインがイーブンパーまでだったことで、前半を終えた時点で少しカットラインが気になったことも打ち明けた。

ところが、後半の3番パー3でバーディチャンスにつけるティショットを放ち、ここから石川のゴルフが一変する。「今日のピン位置は205ヤードで、3番アイアンと4番アイアンの中間の距離でした。風が少しアゲンストだったので、4番で思い切り振りぬいたらピンを攻めることができた。あの1打が本当に大きかったです」とラウンド後に振り返る。

このバーディをきっかけに続く4番パー5は3打目のアプローチを寄せてバーディ。さらに7番ではセカンドショットをピン奥の受け斜面に落して傾斜で戻しピンに寄せた。このホールで通算4アンダーまで伸ばし、首位とは5打差でホールアウトした。

「先週(マスターズ)の3日目にスコアを伸ばせなかったことを教訓に、今週はしっかりと攻めて行きたいと思います。大会3日目というのは、とにかくスコアを動かす日だと思いますので」と気合いを入れる。2日目も最低限の目標に掲げたバーディ4つを奪った石川は、「戦う準備は出来ました」と自らを奮い立たせ3日目のラウンドに挑む。

関連リンク


特集SPECIAL

ネスレインビテーショナル 日本プロゴルフマッチプレー選手権 レクサス杯が、8月17日(木)恵庭CC(北海道)で開催。大会期間中は、試合・練習の模様をインターネットで生中継!賞金1億円は誰の手に!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?