GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

東建ホームメイトカップマスターズ制覇の大志を抱く石川遼に迫る!

石川遼

東建ホームメイトカップ 【国内男子】

期間:2011/04/14~2011/04/17  場所: 東建多度カントリークラブ・名古屋(三重)


遼、開幕戦初日は後半ぐらつき1アンダーと伸び悩む

2011/04/14 18:36:38

2011年 東建ホームメイトカップ 初日 石川遼
後半、アプローチで下半身がぐらついたと反省する石川遼【拡大写真】

国内男子ツアー2011年の開幕戦「東建ホームメイトカップ」に出場する石川遼は、大会前日の午後にコース入りし、軽い練習で最終調整を行った。そして迎えた初日、4バーディ、3ボギーの1アンダーでフィニッシュし、34位タイとなっている。

マスターズ3度目の挑戦で初めて決勝ラウンドに進出した石川は、月曜日に米国を発ち火曜日に成田に着いた。そして、水曜日に開催されたプロアマ戦は欠席したため、練習ラウンドなしで本番を迎えた。

そのスタートホールではティショットを右サイドのラフに入れたが、6番アイアンでの2打目をピンの左奥1.2mにつけてバーディを奪う。さらに4番パー5もバーディでスコアを伸ばした。しかし、7番ではファーストパットを3mオーバーさせてボギー。後半も11番、18番でアイアンショットとアプローチでピンに寄せることが出来ずボギーとしてしまった。

「今日は攻めることができませんでした」。ラウンド後にそう振り返る石川は、アイアンショットでピンを攻めることが出来なかったことを悔やむ。しかし、パッティングに関しては、「たとえ1センチでも、絶対にショートさせたくなかった」と、この日のテーマを一貫して守り手ごたえを感じる。

しかし、全体的に振り返ると「後半になって下半身がぐらついてしまって。こうなるとラウンド中に修正することはできないので、残り3日間で修正を行います」と、明日からのテーマを明確にした。これは「マスターズ」で4日間戦った疲れではなく、2ヶ月間の米国遠征と長時間の移動によるものだと打ち明ける一方、「マスターズ組の方々が好スコアを出しているので、自分も頑張らなければいけないですね」と自分自身を奮い立たせる。

関連リンク


特集SPECIAL

ネスレインビテーショナル 日本プロゴルフマッチプレー選手権 レクサス杯が、8月17日(木)恵庭CC(北海道)で開催。大会期間中は、試合・練習の模様をインターネットで生中継!賞金1億円は誰の手に!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?