GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

マスターズマスターズ制覇の大志を抱く石川遼に迫る!

石川遼

マスターズ 【米国男子】

期間:2011/04/07~2011/04/10  場所: オーガスタナショナルGC(ジョージア州)


遼「はるかに前進した」 充実の20位フィニッシュ

2011/04/11 08:15:14

2011年 マスターズ 最終日 石川遼
17番でバーディチャンスにつける石川遼(David Cannon/Getty Images)【拡大写真】

自身初の予選突破を果たし、「ホッとしました」と安堵した2日目。アグレッシブさに欠けたことを悔やんだ失意の3日目。そして「マスターズ」最終日、最終18番グリーンを終えた石川遼は、充実の表情で満ちていた。

2番パー5、残り235ヤードの2打目を2番アイアンで放ち、グリーン左の傾斜を利用してピン左60センチにピタリ。「あのショットは会心でした」という1打で「マスターズ」初イーグルを奪い、「最終日にしか味わえない最高の経験」というパトロンたちの大歓声を浴びた。そして、このイーグル以上に石川が心に刻んだのが、上がり2ホール(パー4)の連続バーディフィニッシュだった。

「感触的には(2番より)やりたいことができた」という17番では146ヤードを9番アイアンで、最終18番では151ヤードを8番アイアンで2メートルにピタリ。「距離感、球筋と、全てのショットとパットがイメージ通り。最後の2ホールで理想の上がりができた」と、夢舞台の最終日、最終グリーンを、自身の最高のプレーで締め括った。

この日1イーグル、4バーディ、2ボギー、1ダブルボギーの「70」をマークし、通算3アンダーの20位タイで3度目の「マスターズ」を終えた石川。来年度の出場権を得られる16位タイには惜しくも1ストローク届かなかったが、「1回目と2回目の出場より、はるかに前進した。こんなに良いプレーができるとは思っていなかったし、この最終日のプレーができれば今後の自分に楽しみ。また1年頑張って、ワールドランキングで出場権を手にできるように頑張りたい」と総括。また明日から、石川の「マスターズ」に向けた戦いが始まる。

関連リンク


特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?