GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

トランジションズ選手権マスターズ制覇の大志を抱く石川遼に迫る!

石川遼

トランジションズ選手権 【米国男子】

期間:2011/03/17~2011/03/20  場所: ウェスティンイニスブルックリゾート(フロリダ州)


遼、痛恨池ポチャで予選通過ならず

2011/03/19 11:06:39

石川遼 2011年 トランジションズ選手権2日目
13番ホール、ティショットを池に入れた後のドロップ【拡大写真】

フロリダ州ウェスティンイニスブルックリゾートで行われている米国男子ツアー第12戦「トランジションズ選手権」2日目。イーブンパーの67位で第2ラウンドを迎えた石川遼は3バーディ、3ボギー、1ダブルボギーの「73」とスコアを落とし、通算2オーバーの93位タイで昨年大会に続いて予選落ちとなった。

予選通過が微妙な位置でスタートした石川は、出だしの1番で残り40ヤードの第3打を1メートルにつけてバーディ発進。4番では5メートルを沈めてスコアを伸ばした。

その後10番までに2つボギーをたたいて再びイーブンパーとしてしまうが、12番でグリーン手前ラフから、起死回生のチップインバーディ。右手を点に向けて高く突き上げ、大きく勢いづいたかに思われた。

しかし続く13番(パー3)。石川にとっても「あまりに想定外なショット」が出てしまう。7番アイアンで放ったショットが、グリーン手前の池に落ちた。「自分の中でも思わぬミス。薄目に入って距離が出なかった。」。打ち直しの第3打も寄らず2パットで痛恨のダブルボギーで再び後退した。

さらに続く14番(パー5)では第2打で、フェアウェイからドライバーショットを見せるが、グリーン右手前の木に当たって2オンならず。深いラフからの第3打はグリーンに乗るが、ピンまで15メートルを残して3パット。ギャンブルの“直ドラ”が裏目に出て、ボギーとしてしまった。

上位進出を狙った3度目の大会で、2年連続の予選落ち。カットラインに3打届かなかった。19歳の胸中は「自分の中では、自分はもっとできるはずなのに、という気持ちが強い」と、もどかしさで充満している。悔やまれるのは、やはりバーディを奪った直後の池ポチャ。「あの流れでミスショットが出るのはまだ甘いということ。ベタピンにつくものだと思っていたし、池なんか目に入らなかった。12番で流れが来たのに、自分で逃してしまった」と、うつむいた。

次週の「アーノルドパーマー・インビテーショナル」は4月の「マスターズ」前の最後の出場大会となる。こちらも3年連続の出場となる舞台で、雪辱を晴らしたい。

関連リンク


特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?