GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

WGC キャデラック選手権マスターズ制覇の大志を抱く石川遼に迫る!

石川遼

WGC キャデラック選手権 【米国男子】

期間:2011/03/10~2011/03/13  場所: ドラール・ゴルフリゾート&スパ(フロリダ州)


12ホールで6バーディ!石川遼が暫定2位発進

2011/03/11 11:54:13

石川遼 2011年 WGCキャデラック選手権 初日
嵐の後の静けさがコースを包む中、石川遼が爆発!【拡大写真】

今季のWGC(世界ゴルフ選手権)第2戦「WGC キャデラック選手権」が10日(木)、フロリダ州ドラールゴルフリゾート&スパで開幕。雷雨のため3時間弱の中断があったため、日没サスペンデッドとなりホールアウトしたのは11人のみ。石川遼は12ホールを消化して6バーディ、1ボギーの5アンダー。首位に2打差の暫定2位タイと好スタートを切った。

午前中の雷雨により、石川は当初の予定より2時間45分遅れの午後3時18分にスタート。しかし大幅な遅れにも19歳は動じなかった。出だしの1番(パー5)、第2打でグリーン右ラフへと運び確実にバーディ発進すると、7メートルを沈めた4番から2連続バーディ。7番では残り125ヤードの第2打をアプローチウエッジでピン右1メートルつけるなど、ショット、パットともに冴えを見せ、序盤から上位に名を連ねる。

折り返しの10番で初めてのボギーをたたくが、続く11番で2メートルのバーディパットを沈めて取り返す。12番をパーとし、13番ティに立ったところで日没サスペンデッド。暫定ではあるが、首位のハンター・メイハンに2打差の2位で初日を終え、夕闇の中「スコアは出来過ぎですね」と話した。

午前中の暴風が嘘のように、ラウンド中はそよ風が吹いた。強風が“名物”ともいえるコースだけに「ラッキーでした」としたが、その好条件を生かし得意のバーディ合戦にしっかりと加わった。

この日はリッキー・ファウラージョナサン・ベガス(ベネズエラ)と同組でラウンド。昨季のPGAツアー新人王のファウラーには米国ファンを中心とした歓声が、そしてマイアミはベネズエラからの移民が多い土地とあって、ベガスにはスペイン語で大声援が飛ぶ。さながら“アウエー”の状況下でスタートしたが、石川がバーディを重ねるにつれ「イシカワ!」と叫ぶ声も大きくなった。

2日目は未消化分も合わせて24ホールの長丁場になる。好発進にも「(2日目に)調子が悪くても、あわてずに(5アンダーを)貯金と思って使っていけばいい。今日の続きと思っても、そうはやらせてもらえない。今日とは違う一日になることは覚悟している」と冷静。手綱は最後まで決して緩めない。

関連リンク


特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?