GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

フンドーキンレディース夢は賞金女王! 夢を叶える力

フンドーキンレディース 【国内女子】

期間:2011/05/13~2011/05/15  場所: 福岡センチュリーGC(福岡)


有村智恵、ナイスカムバックで1アンダー7位タイ

2011/05/13 19:17:05

2011年 フンドーキンレディース 初日 有村智恵
6番でバーディを奪った有村智恵。ここから巻き返しが始まった【拡大写真】

「久しぶりに上位と差が少ない初日でした」とホッとした表情でクラブハウスに引き上げてきた有村智恵。国内女子ツアー「フンドーキンレディース」の初日は、首位が3アンダーと伸び悩んだこともあり、1アンダーの有村は2打差の7位タイという好位置につけることができた。

スタートから4番までパーをセーブした有村は、5番で2打目を池に入れてしまいダブルボギーが先行してしまった。「ティショットを左に曲げてしまい、2打目は前の木がかかってしまうので、どうしても池越えで狙わないといけない状況でした。でも、このコースは5番までを凌げばスコアを伸ばせると思っていたので、(気持ちが)切れることは無かったです」。続く6番パー5でしっかりとバーディを奪い、8番パー3のバーディでイーブンパーに戻した。

そして9番パー5、2打目をフェアウェイ左サイドに運び、3打目のアプローチはグリーン奥に切られたピンに対し、その奥1メートルに落しバックスピンでピン横40センチにつけるスーパーショットを披露。このバーディパットも難なく決めてアンダーパーグループに入ってきた。

前日「今週はピンを攻めたい」と語っていたが、その通りのゴルフを展開していた。「このコースは傾斜がきつくて難しいので、ここでスコアを伸ばせたら課題を1つクリアできたということだと思って、残り2日間も頑張りたいです」と話す有村。後半にスコアを伸ばせなかった反省点はあるものの、気分良く2日目を迎えられそうだ。

有村智恵 戦いの裏側に迫る!

関連リンク


特集SPECIAL

女子プロはみんなやっている! 高性能スイングセンサー『フルミエル』で分析!一般男性の飛距離を上回る女子プロたち。『フルミエル』を使い、いま最も勢いのある13人のスイングを徹底解剖。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには川岸史果プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。