GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ夢は賞金女王! 夢を叶える力

ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ 【国内女子】

期間:2011/05/05~2011/05/08  場所: 茨城GC西コース(茨城)


有村、追いかける展開に課題「歯痒かった」

2011/05/08 17:03:42

2011年 ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ 最終日 有村智恵
首位を追い掛けて完璧を求め過ぎていた・・・課題は見えた有村智恵。あとはそれを克服するだけ!【拡大写真】

今季国内メジャー初戦「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」の最終日、首位と5打差の5位タイからスタートした有村智恵だったが、この日は自身の課題と直面する1日となってしまった。

その課題とは、過去7勝すべてが逃げ切り優勝だということ。逆に言えば、追いかけて逆転して優勝することが出来ていないのだ。この日も、ショットは悪くないものの「出だしから距離のミスで1番、3番とボギーにしてしまい、歯痒かった」と首位にプレッシャーを掛けるどころか、自滅でスコアを落としてしまう。

「1球1球を大事に行こうと完璧を求め過ぎてしまって、ピンをショートしたりするとすごくストレスになってしまう。普段は許せるけど、追いかけていると許せない部分がありますね」と、自分へ過度のプレッシャーを掛けてしまい、追い上げる為の良い流れを作っていけないのだ。

12番までは4ボギー2ダブルボギー。しかし、13番以降は2バーディノーボギーと立ち直った。「後半は気持ちを切り替えてセーブすることが出来たので、少しは成長出来たと思います。一つ一つが勉強ですね」。有村にとっては、通算3オーバー22位タイという成績以上に収穫多いメジャーの4日間となった。

有村智恵 戦いの裏側に迫る!

関連リンク


特集SPECIAL

女子プロはみんなやっている! 高性能スイングセンサー『フルミエル』で分析!一般男性の飛距離を上回る女子プロたち。『フルミエル』を使い、いま最も勢いのある13人のスイングを徹底解剖。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには川岸史果プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。