GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

HSBC女子チャンピオンズ夢は賞金女王! 夢を叶える力

HSBC女子チャンピオンズ 【米国女子】

期間:2011/02/24~2011/02/27  場所: タナ・メラCC(シンガポール)


有村智恵が米国初V、完全優勝へ王手

2011/02/26 18:53:37

有村智恵 2011年 HSBC女子チャンピオンズ
「羨ましいと思っていたところに自分がいれるのが嬉しい」有村はラウンド後、公式会見に初めて出席【拡大写真】

米国女子ツアー第2戦「HSBC女子チャンピオンズ」は26日(土)、シンガポールのタナ・メラCCで第3ラウンドを行い、10アンダーの単独首位で出た有村智恵が2バーディ、1ボギーの「71」でまわり、通算11アンダーとして単独首位をキープ。同ツアーでの初優勝に王手をかけた。

もう“勢い”だけではない。有村がこの日もトップの座を守った。序盤はなかなかチャンスを作れず、名手カリー・ウェブ(オーストラリア)に5番で一度追いつかれても落ち着いていた。「ショットは良くなくなっている」という中、9番でグリーン右奥からアプローチで寄せて最初のバーディを奪うと、11番では3メートルを沈めた。12番ではバンカーから、13番ではグリーン右奥のラフから寄せワンでパーをセーブ。

15、16番で1メートルのバーディチャンスを逃し、17番では3パットで初めてボギーをたたくなど、最後は苦しんだが、終わってみれば3日連続でリーダーズボードの一番上には「ARIMURA」の文字があった。

通算36勝(メジャー7勝)の「雲の上のような存在」というウェブに追われても重圧とは無縁だった。「彼女と優勝争いできる自分がすごくうれしい。楽しむことができた」。最高峰の舞台でトップに立っている自分が、自分で無いように思える。「逆に日本の時よりも落ち着いている。実感もない。(コース内の)速報を見ても『有村さん、頑張ってるなあ』という感じ」と無邪気に笑う。

優勝すれば米国女子ツアーでの優勝は樋口久子岡本綾子、小林浩美、平瀬真由美、福嶋晃子宮里藍に次ぐ日本人史上7人目の快挙(日米共催の「ミズノクラシック」を除く)。23歳での優勝は、24歳で2009年の「エビアンマスターズ」を制した宮里を抜いて日本人史上最年少となる。

米国での最終日最終組はもちろん初めて。同組でウェブに加えて世界ランク1位のヤニ・ツェン(台湾)としのぎを削る。ラウンド後は今大会で初めて公式会見に呼ばれ、それについて外国人記者から質問が飛んだが「皆さんが思っている以上に、私がそのメンバーの中で優勝するのは想像できない。だから、逆にいいコンディションで集中できる」と平常心で臨めることを強調。

「1打差、2打差は無いのと一緒。自分の力を出し切ることだけ考えたい」。最後まで前だけを見てゴールテープを切る。

有村智恵 戦いの裏側に迫る!

いよいよ有村プロの2011年が開幕する。初戦は「HSBC女子チャンピオンズ」(2月24日(木)~27日(日)までの4日間、シンガポールにあるタナ・メラCCで開催)になる。有村プロをサポートするウイダーのトレーニングラボ管理栄養士 山崎圭世子さんに今の時期にぴったりな「寒暖の差が激しい時期の食事や花粉症対策について」話を聞いた。

最近は寒暖の差が激しく体調を管理していくにも難しい時期だ。我々アマチュアゴルファーも風邪や花粉症など色々悩みを抱えているのではないか?「寒暖の差が激しい時期の食事ですがラウンド当日はエネルギー源の炭水化物をしっかりとることが大前提ですね。その上で、プレー前の朝食ではたんぱく質がとれるおかずもしっかりとることで、体をあたためて寒い中でのプレーに備えることができますね。」

「昼間は日差しも強くなり、ずいぶん暖かい日も増えてきていますよね。エネルギー補給と同時に、紫外線対策のビタミン、汗で失われるミネラルが補給できるフルーツがおすすめです。手軽にとれるバナナや100%の果汁ジュースを持っていくとよいと思いますよ。」
また花粉症も気になる季節だが、栄養面で対策はあるのだろうか?「緑黄色野菜などに多く含まれるビタミンAは、粘膜を強くする働きがあります。風邪のウイルスの侵入を防ぐために欠かせない栄養素ですね。花粉症で粘膜が弱っている方には特にしっかりとってもらいたいです。」という。

寒暖の差が激しく風邪を引きやすいだけでなく、花粉症も気になる季節だけに明日のラウンドではしっかりと栄養をとって望んでもらいたい。

ブイエー・シー・イー・タブレットハイグレード グレープ味
・アスリートのコンディショニングアップに必要なビタミンA・C・Eを配合。
・野菜が苦手な方に
摂取量の目安は1日6粒。

関連リンク


特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには川岸史果プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?