GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

HSBC女子チャンピオンズ夢は賞金女王! 夢を叶える力

HSBC女子チャンピオンズ 【米国女子】

期間:2011/02/24~2011/02/27  場所: タナ・メラCC(シンガポール)


有村が今季初ラウンドで首位発進!

2011/02/24 18:37:40

2011年 HSBCチャンピオンズ 初日 有村智恵
14番でバーディを奪う有村智恵 。2日目にも期待!【拡大写真】

米国女子ツアー第2戦「HSBCチャンピオンズ」が24日(木)、シンガポールのタナ・メラCCで開幕。世界各国のタレントがひしめく中、有村智恵が「68」をマークし4アンダーで単独首位スタートに成功した。

シンガポールの朝焼けが残る午前8時40分。全選手の先頭を切って1番からスタートした有村は「すごく緊張した」との言葉からは想像できないほどのゴルフを見せた。

2番でフェアウェイからの残り96ヤードを52度のウェッジでピン右1メートルにつけてバーディを先行させると、9番、10番で連続バーディ。12番では3メートルを沈め、14番(パー3)では166ヤードを5アイアンでグリーン奥にこぼしたものの、パターで11メートルをねじ込んだ。

269ヤードと短い16番パー4ではティショットをグリーン右に運ぶが、2打目のアプローチが短く、砲台グリーンに乗り切らずにボールが再び足元に戻ってきてしまう。3打目で乗せるがピンをオーバー。しかしここで5メートルを沈め、パーをもぎ取るしぶとさも見せた。

「17番で(3パット)ボギーをたたいて、ノーボギーで終われないのが私らしいところ」と笑ったが、ショット、パットともに「オフにやってきたことの手応えをすごく感じられた」と満足感たっぷりだ。

「途中からカメラがたくさんついてくれてうれしかった。(英語での)インタビューもどうしようか、とか考えていた。日本の時とは違う緊張感。こんなに早く味わえるとは思わなかった」。アテスト後にはLPGAや海外メディアからも取材を受け、流暢な、というわけにはいかないが、懸命に英会話で回答。

「アメリカで初めて優勝争いができる」と期待に胸を膨らませながら、2日目は最終組でティオフする。

有村智恵 戦いの裏側に迫る!

いよいよ有村プロの2011年が開幕する。初戦は「HSBC女子チャンピオンズ」(2月24日(木)~27日(日)までの4日間、シンガポールにあるタナ・メラCCで開催)になる。有村プロをサポートするウイダーのトレーニングラボ管理栄養士 山崎圭世子さんに今の時期にぴったりな「寒暖の差が激しい時期の食事や花粉症対策について」話を聞いた。

最近は寒暖の差が激しく体調を管理していくにも難しい時期だ。我々アマチュアゴルファーも風邪や花粉症など色々悩みを抱えているのではないか?「寒暖の差が激しい時期の食事ですがラウンド当日はエネルギー源の炭水化物をしっかりとることが大前提ですね。その上で、プレー前の朝食ではたんぱく質がとれるおかずもしっかりとることで、体をあたためて寒い中でのプレーに備えることができますね。」

「昼間は日差しも強くなり、ずいぶん暖かい日も増えてきていますよね。エネルギー補給と同時に、紫外線対策のビタミン、汗で失われるミネラルが補給できるフルーツがおすすめです。手軽にとれるバナナや100%の果汁ジュースを持っていくとよいと思いますよ。」
また花粉症も気になる季節だが、栄養面で対策はあるのだろうか?「緑黄色野菜などに多く含まれるビタミンAは、粘膜を強くする働きがあります。風邪のウイルスの侵入を防ぐために欠かせない栄養素ですね。花粉症で粘膜が弱っている方には特にしっかりとってもらいたいです。」という。

寒暖の差が激しく風邪を引きやすいだけでなく、花粉症も気になる季節だけに明日のラウンドではしっかりと栄養をとって望んでもらいたい。

ブイエー・シー・イー・タブレットハイグレード グレープ味
・アスリートのコンディショニングアップに必要なビタミンA・C・Eを配合。
・野菜が苦手な方に
摂取量の目安は1日6粒。

関連リンク


特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには川岸史果プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?