GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

米国シニアリージョンズトラディションの最新ゴルフニュースをお届け

リージョンズトラディション
期間:05/05~05/08  場所: ショールクリーク(アラバマ州)

T.レーマン強い!プレーオフで今季3勝目!尾崎は58位

順位 選手名 通算 合計
1 T.レーマン -13 275
2 P.シニア -13 275
3 L.ロバーツ -11 277
4 M.アレン -10 278
5 E.ロメロ -9 279
5 N.プライス -9 279
5 K.ペリー -9 279
5 M.カルカベッキア -9 279
5 J.ハース -9 279
10 T.パーニスJR. -8 280

スコア詳細を見る

アラバマ州のショールクリークで行われた米国チャンピオンズツアー第8戦「リージョンズトラディション」の最終日。同ツアーのメジャーの舞台で、トム・レーマンがピーター・シニア(オーストラリア)との2ホールにわたるプレーオフを制して早くも今季3勝目を挙げている。

首位に2打差の通算10アンダーから出たレーマンは、この日3つスコアを伸ばして「69」でホールアウト。「68」をマークしたシニアと通算13アンダーで並び、18番ホールでのプレーオフへと突入した。

1ホール目は互いに譲らず両者パーをセーブ。しかし2ホール目でシニアが1.5メートルのパーパットを外してしまい、2オン2パットのパーとしたレーマンに「アリアンツ選手権」、「ミシシッピゴルフリゾートクラシック」に続く勝利が転がり込んだ。

通算11アンダーの3位にはこの日「65」をたたき出したローレン・ロバーツ。通算10アンダーの4位にマイケル・アレンが入った。3日目終了時点で単独首位に立っていたマーク・カルカベッキアは「75」と大きく後退し、ニック・プライス(ジンバブエ)、ケニー・ペリーらと並んで通算9アンダーの5位タイに終わった。

昨年大会で2位タイだった尾崎直道は2バーディ、3ボギーの「73」でまわり、通算11オーバーの58位タイでフィニッシュした。


特集SPECIAL

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。
世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!