GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

米国シニアアウトバックステーキハウス・プロアマの最新ゴルフニュースをお届け

J.クックとR.コクランが首位を巡ってデッドヒート!尾崎直道は7位タイに浮上

順位 選手名 通算 合計
1 J.クック -11 131
2 Ru.コクラン -10 132
3 J.D.ブレイク -8 134
4 T.パーニスJR. -6 136
4 J.シンデラー -6 136
6 P.シニア -5 137
7 T.ワーゴ -4 138
7 尾崎直道 -4 138
7 H.アーウィン -4 138
7 L.マイズ -4 138

スコア詳細を見る

フロリダ州のTPCタンパベイで開催されている、米国チャンピオンズツアーの第6戦「アウトバックステーキハウス・プロアマ」の2日目。6バーディ、ノーボギーで「65」をマークしたジョン・クックが、通算11アンダーで単独首位に立っている。

2位タイからスタートしたクックは、前半7番で今日1つ目のバーディを奪うと、折り返しを挟む9番、10番で連続バーディを奪取。これで勢いに乗ったクックは12番から14番を3連続バーディとし、着実にスコアを伸ばした。今季2勝目を手にすることが出来るか。

続く単独2位には首位からスタートしたラス・コクラン。2打差のリードでスタートしたコクランだったが、4バーディ、1ボギーで通算10アンダーとし、今日はスコアを3つ伸ばすにとどまり、クックに逆転を許す結果となった。

ツアー初勝利に期待がかかる尾崎直道は、5バーディ、3ボギーでスコアを2つ伸ばし、5つ順位を上げて、通算4アンダーの7位タイで最終日を迎える。


特集SPECIAL

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。
世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!