GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

米国シニアアリアンツ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

アリアンツ選手権
期間:02/11~02/13  場所: ブロークンサウンドCオールドC(フロリダ州)

T.レーマンが通算13アンダーで今季初勝利! 尾崎直道は49位タイ

順位 選手名 通算 合計
1 T.レーマン -13 203
2 J.スルーマン -12 204
2 R.スピットル -12 204
4 O.ブラウン -10 206
4 Ru.コクラン -10 206
6 ジム・ラトレッジ -9 207
6 J.D.ブレイク -9 207
6 H.アーウィン -9 207
9 D.フロスト -8 208
9 L.マイズ -8 208

スコア詳細を見る

フロリダ州にあるブロークンサウンドCオールドコースで開催されている、米国チャンピオンズツアーの第2戦「アリアンツ選手権」の最終日。トム・レーマンが、通算13アンダーで今季初勝利を挙げ、チャンピオンズツアー通算3勝目を手にした。

51歳、過去の全英覇者レーマンは、9番と14番でボギーを叩くも5つのバーディを量産。ロッド・スピットル(カナダ)と首位タイで迎えた最終18番ホール、1打差で追うジェフ・スルーマンがイーグルチャンスにつけ、バーディを奪って首位タイに並ぶ。一方スピットルは、バーディパットを外し、パーでフィニッシュ。レーマンは、最終ホールのバーディパットを確実に沈めて優勝を手にした。

続く4位タイには、ラス・コクランオリン・ブラウンが通算10アンダーで並んでいる。ディフェンディングチャンピオンのベルンハルト・ランガー(ドイツ)は、通算6アンダー、17位タイでフィニッシュ。今季初戦となった尾崎直道は、通算イーブンパーの49位タイで終えている。


特集SPECIAL

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。
世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!