GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

ベネチアン・マカオオープンの最新ゴルフニュースをお届け

谷明範が13位で最終日へ 川村昌弘は22位、首位にヘンド

順位 選手名 通算 合計
1 S.ヘンド -15 198
2 A.ラヒリ -12 201
3 C.クマール -11 202
4 R.カーン -10 203
4 S.ブラゼル -10 203
6 王情訓 -9 204
7 B.マンソン -8 205
7 K.アフィバーンラト -8 205
7 N.ターナー -8 205
7 D.リプスキー -8 205

スコア詳細を見る

2015年 ベネチアン・マカオオープン 3日目 スコット・ヘンド
2イーグルを奪ったS.ヘンドが単独首位に浮上。3打差のリードを築いた ※画像提供:アジアンツアー【拡大写真】

◇アジアンツアー◇ベネチアン・マカオオープン 3日目◇マカオG&CC (マカオ) ◇6604yd(パー71)

6位から出たスコット・ヘンド(オーストラリア)が2番、18番(ともにパー5)で2つのイーグルを奪ったほか、5バーディ、2ボギー「64」をマーク。この日のベストスコアで通算15アンダーとし、2位に3打差リードをつけて単独首位に浮上した。

ヘンドは2007年から参戦するアジアンツアーで通算6勝を記録。前年10月には欧州ツアーとの共催競技「香港オープン」を制覇し、今季はアジアと並行して欧州ツアーをフルシーズンで戦う42歳だ。

通算12アンダーの2位にアニリバン・ラヒリ(インド)。通算11アンダーの3位にチラフ・クマール(インド)、さらに1打差の4位にラシッド・カーン(インド)とサム・ブラゼル(オーストラリア)が続く。

日本勢は、ともに19位から出た谷明範が「68」、川村昌弘が「70」でプレー。それぞれ通算7アンダーの13位、通算5アンダーの22位で3日目を終えた。


特集

世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?